24 Mar安く引っ越しを済ませたいと言ってみる

なるべく安く引っ越ししたいと引っ越し業者さんに伝えたときに、どれくらい適切なアドバイスをしてくれるかどうかというのは、いい引越し屋さんを見極める時の良い方法になります。

たとえば、「なるべく安く引越ししたいんです…」と言っているのにも関わらず、「梱包資材で足りないものはウチで買ったほうがほかで買うよりもお安くなりますよ~」のように言ったり、こちらが引っ越し初心者だということがわかると、土曜・日曜と祝日の引っ越しは料金が高くなって損だということを教えてくれなかったりする引っ越し業者さんは要注意だと思うのです。

それとは逆に、荷造りのことや梱包作業のことを、「どこまで自分たちで行えばいいのか」のアドバイスをしてくれる引っ越し業者は良いと思います。さらに梱包資材の安い入手方法を親切に教えてくれたり、引っ越し料金を安くするための方法をアドバイスしてくれる引越し業者さんは かなり良心的で、気持ちがいい引越しができそうです。

引越しをする時、引越し先を管理している不動産会社によって、
提携している引越し業者がある場合があります。

提携している引越し先がある場合、提携先しか使えないことがあります。

どの不動産会社も提携先を利用すると引越しの料金が安くなると言いますが、
その言葉を鵜呑みにしてしまうと損をしてしまうかもしれません。

http://www.settings-for-all.org/

06 Mar引越し体験記

私は人生で、4度引越しを経験しています。そのうち、3度の引越しは失敗だったと言っていいでしょう。その理由は様々ですが、一つ目は荷造りは思ったよりも時間がかかる!です。「ワンルームだし。大して物も無いし。」とお思いの方もいらっしゃるとは思いますが侮るなかれ。目に見える荷物の量と、実際の荷物の量には差が生じます(主観ですが)!部屋に物が少なく見えても、クローゼットの中、食器棚の中、調味料etc…実際の部屋には物が溢れています。そこの目測を誤り、2日で準備なんて出来るだろうと思ったものなら後の祭りです。

引越し日に荷造りが出来ていない!と嘆く姿が目に浮かびます。二つ目は、確認が大事!です。無事に荷造りも終え、引越日を迎え、業者の方が家に到着し!荷物を運び、新たな家に運んでくれた!ああ、業者のお兄さんもいい人だったし、これで引越しもおわり、さあ寝よう。これが、間違いでした。すぐに、寝てはいけません。荷物が家に届いたらすぐに破損確認をしてください!業者が帰った後では遅いのです。

次の日になって、テレビに傷が付いている!なんてなり、引越し業者にクレームを入れても「うちが付けたものか分からないから、対応できない。その場で言ってもらわないと。」と言われるでしょう。泣き寝入りです。こんなことにはならないよう、素敵な引越しライフを!!

17 Feb引越し業者に見積もりを頼みたくても引越し先が決まらないことには・・・

3月になると引越しハイシーズンですね。

引越し業者に頼む見積もりも、引越し先が決まっているのならそろそろ検討したいところです。

しかし、引越すことは決まっていても引越し先が決まっていないという状況の人もいるのではないでしょうか。

引越し先が決まってなければさすがに引越し業者に見積もりを頼むことはできませんから、「どんな引越し業者があるのかな」と探してリストアップしておくぐらいしかできませんね。

引越し業者に見積もりを頼むときは、まずネットで一括見積もりを申し込み、それから業者の訪問見積もり、という流れになるわけですが、もちろん、いっせいに来るわけではなくて、時間をずらして約束するわけですね。

そこで、いくつか聞いたのが引越しのサカイの戦略。先手必勝!

まずは他社よりも早い時間に約束するよう、うまーい具合に持っていって、「こうこうすればお値引きできますよ」「くらべていただくのはよいですが、このような説明をあといくつも聞くのはつらくないですか?よろしければ、他の業者さんにはこちらからお断りの電話をさせていただくことも可能です。」と提案し、こちらの心理にゆさぶりをかけてくる。そんな気にさせられますよね~。

20 Jan引越し見積もりを比較して賢い引越しを

引越しすることが決まったら、そして引越し業者を利用するなら、まずは引越し業者に見積もりを出してもらうことが大切です。
引越し業者によって、引越し料金には差が出ますし、見積もりを出してもらうことで色々と得をすることがあるのです。
少しでも料金を安くしたいなら、やっぱり見積もりをお願いすること。
見積もりを依頼された業者は、他社と比較されているということが分かっているので、料金を安くしてくれる可能性が高いです。
ただ、一社のみに見積もりをお願いするのでは、相場や最安値分かりませんよね?
ですから、そういった意味でも複数社に見積もりを依頼しましょう。
引越し見積もり必勝法をチェックすることで、賢く引越しができますよ!
見積もりを依頼するなら、営業担当の人に電話をしてみて、見積もりに来てもらうといいですよ。
複数社にお願いするなら、同じ日の業者同士がすれ違うくらいに指定しておけば、営業さんは他社の営業の人とすれ違うことで比較されていることを知り、頑張ってくれること間違いなしです。
インターネットサイトでも、一括見積もりという便利なサイトがたくさんあります。
入力するだけでできますから簡単です。
ぜひ試してみてくださいね。

23 Dec引越しの準備は引越し業者探しだけではありませんよ

引越しをする事が決まったら準備をしないといけません。
引越しの準備をしないで引越しが出来るはずはありません。
荷物をまとめていないのに引越しは出来ませんからね。
荷物を一つも持っていかないという人はいません。
荷物をまとめる事も引っ越しの準備ですが、もっと大切な準備がありますよ。

近所へのあいさつ回りは大切ですね。
やはり、近所付き合いは大切です。
引越し先でのあいさつ回りも大事ですが、お別れのあいさつもとても大切な事です。
挨拶に始まり挨拶に終わるとも言いますからね。
それにマンション住まい、もしくは一戸建てでも借家だった場合は大家さんにカギを返さなくてはいけません。
カギの返済もですが、大家さんへのお別れの挨拶も欠かさない方が良いですよ。
でも、それは大家さんとの仲がどうだったのかによって変わってきますけどね。

引越しの準備にはその他にもいろいろあります。
すべての準備が終わるまでにはある程度の時間が掛かります。
早くすべての準備が終わるという事はほとんどないですから引越しは余裕を持ってするべきです。
準備をする時の事も考えて引越しは決めないといけませんね。

13 Nov引越しを費用で考えたとき

引越しの費用が嵩むため、我が家では基本的に贅沢をすることができません。

理由は旦那の仕事で、旦那さんは転勤をよく繰り返すいわゆる転勤族で、基本的には2年から5年スパンで転勤をすることになるのですが、たまにたった1年で転勤をしなければいけないこともあって、引越し費用がいつ必要になるかわからないという理由もあって、引越しについてはかなり慎重になっているからです。

しかもこれだけ何度も転勤をしているということは、私自身が仕事をすることができない状態にあるということになりますので、引越しの費用は旦那の給料だけで賄わなくてはいけません。

もちろん家賃や引越し代については、ある程度会社の都合ということもあって、引越し費用を安くすることもできるといえばできるのですが、それでも急な引越しに対応するためには常日頃の貯金が大事だって、過去8回に及ぶ引越しで私は悟ったのです。

ちなみに転勤族の場合、家具もあまり多くは購入せず、処分をして新しく買い替えるということも少なくありません。

そのため引越し先にニトリとかイケヤがない場所の場合、新しい家具をどうしようかという家族会議をしないといけなかったりするのです。

15 Oct相続税対策にはどんな方法があるの?

今まで経験がないこともあり、相続税と聞いてぱっとイメージできることは家や土地や財産の相続というのがあると思うのですが、これにも様々な決まりがあり、相続をしてもらっても逆に損をする場合なんかもあるようです。そのため、財産をあらかじめ分けやすく現金化しておいたり生前に贈与という形で相続する財産を少なくしておいたりということもしておいたほうがいいそうです。さらに、早めにお墓や仏壇などの非課税財産を殖やしておくなんていうことも対策の一つになるのです。そのほかは生命保険の加入や不動産へ換えておくことなどもできれば安心なのだそうです。ただ、東京、大阪や神戸の相続税対策には不動産に換えることは莫大な財産がないとむずかしいかも知れませんね。もっと資金がある場合には空き地にマンションやアパートなどを建て、相続税を安くする方法なんかもあります。それらのことから見ても本当にたくさんのやり方があることがわかります。こんなにたくさんの方法の中からどれが良いのかを判断するのは至難の業になると思います。専門家の知り合いでもいればじっくり相談できるんでしょうけどね。

11 Sepfaxが無料なんてことがある?

何でもお得になっていますがfax無料なんてのを聞いたのは始めてのことなのでどう言ったことなんだ?と不思議に思いました。
調べてみると、インターネットから送るようですね。
それもお試しで何十枚かを無料にしてくれるようですね。
インターネットの回線を使ってfaxを送ることができるんですね。
インターネットがあれば出来ないことなんてないのでは?と思ってしまいますね。
fax同士で送受信をするよりも断然お得なんでしょうね。
まだまだ浸透はしていない所をみると何か不都合な点があるのかもしれませんね。
委託をして送ってもらうのですから手間賃もかかりますしね。
自分の所でそのシステムを導入できれば大きな企業なんかは経費削減になるのかもしれませんよね。
しかし、ネットにうとい私が言うのもなんですがセキュリティーの問題があるのかもしれないですよね。
ネットだとウィルス感染なんかして大事な情報が他に出回ったり‥なんてことがあるのかもしれませんよね。
そんな心配はないですって言われそうですよね。
今ではまだ浸透していないだけで後何年かすればfax無料が当たり前になっているかもしれないですよね。

そんな情報に敏感な友達に聞くと、知らなかった~って言ってました。
私って情報が速いのかなぁ~って少し嬉しくなりましたけどね。
まぁ、でもfaxって利用しなくなりましたよね。
電気屋さんでもfaxは売れなくなっているそうです。
わかる気がしますね。
って、いうか固定電話すらも要らないかなぁ。